• 東京の新築の床を長持ちさせるフロアコーティング

    せっかく東京で新築の家を購入したのに、すぐに傷がつくのではもったいないです。特に床は毎日触れるものなので傷つきやすいです。少しでも新築の状態を長持ちさせたいのであれば、東京のフロアコーティング会社に施工を依頼してください。
    子どもが成長してくれば、子どものいたずら書きが待っています。油性マジックで書かれるとひとたまりもありませんが、あらかじめフロアコーティングをしていれば、アルコールなどでふき取るだけできれいにマジックが消えます。


    キズもつきにくいので物を落としたりしがちである子どもをしからずに済むようになります。


    紫外線を防いでくれる効果のあるフロアコーティングであれば、さらに日焼けにも耐えられます。色褪せてしまうと、汚くなくても薄汚れた古い床の印象をもたらしてしまいます。

    東京のフロアコーティングをご紹介いたします。

    日焼け対策を施すことで、床の変色を防ぐことができます。


    東京の施工業者では、2層塗りをしてくれるところがあります。

    よりしっかりと床にコーティング剤を密着させられます。保証も何十年とつけている会社があります。


    長い間にわたって塗装がとれない自信があるからです。弾力をもたらすタイプであれば、ひび割れも起きにくいです。コーティング剤を選ぶときはその耐久性や耐水性、安全性を見るようにします。

    魅力的なYOMIURI ONLINE情報はこちらに集まります。

    また、薬品に対しても強いタイプにすれば、安心してアルコール除菌などを行えます。躊躇することなく、消毒などの薬液を使って掃除ができます。


    シックハウス症候群にも対応していたり、食品衛生法に適合しているなどのタイプもあります。